予想、回顧、コラム

血統を語る、競馬予想ブログ「ぶらっと競馬場まで」

当競馬予想ブログは引越しました。

読了までの目安時間:約 1分

 

当ブログの新しい記事は、下記のURLで掲載することになりました。
週末にはG1~G3の重賞レースを中心に、夏季は注目度の高いオープン特別も取り上げて予想し、翌日にはレース回顧を掲載しております。
また平日には血統に関連したコラムをはじめ競馬界のさまざまな話題やニュースに関するコラムjもお届けしております。
引き続きよろしくお願いいたします。
http://www.just-research.com/blog/

 

未分類   コメント:0

新馬回顧 12

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜日は各場晴れて、芝も良馬場。
新潟は2鞍。牝馬限定のマイル戦は、人気を背負ったショウナンライムが好位付けから押し切りを図るところを、蛯名騎手鞍上のダイワバーチューが見事な末脚を披露して差し切った。スウェプトオーヴァーボード産駒で近親にフジキセキがいる血統。祖父エンドスウィープの産駒と符合する。
直後の1400戦も牝馬。有力馬の分散もあったろうが、人気のダノングラシアスが快勝。今年のマンハッタンの仔は当たりなのだろうか。

小倉1200はセカンドテーブルの圧勝。トワイニング産駒でダート馬くさいが、渋残りの芝も良かったのだろう。
札幌1500Mも人気馬の快勝。1番枠の利をフルに活かして逃げ切ったアルマワイオリは、スエヒロジョウオーの孫にあたるマツリダゴッホ産駒の牡馬で、距離適性はともかく、洋芝巧者に育ちそうだ。

日曜は1800祭り。馬場も一応は良のまま。
時系列順に札幌から。
馬なりで楽勝だったカメハメハ牝駒のレッツゴードンキ。完璧な競馬ではあるが、ダート向きの本質も秘めていて、何となく信用できない。芝ではGⅢまでか。牡馬よりは信用できるが。

小倉では、ゴールドメダリオンが逃げ切り勝ち。コンデュイット産駒の騸馬。パワーがあるのは間違いないが、上がりも一番で揉まれないと強い。
もう一鞍の1200の牝馬限定戦の方は、チチカステナンゴ産駒のプルーヴダモールが楽勝。母父SSの連勝となった。やはり馬場は重い。

新潟は、除外馬と雷雲の出現でワラワラしていたが、ハーツクライの断然人気馬リヴゴーシュが、1:58.4の怪時計で快勝。総合力が抜けていた。

 

レース回顧2014   コメント:0