予想、回顧、コラム

血統を語る、競馬予想ブログ「ぶらっと競馬場まで」

新馬回顧 8

読了までの目安時間:約 2分

 

注目は7/26土曜中京の1マイル。世紀の最強配合馬と兄弟ともども高馬一族の1億円馬が対決。2頭仲良くゴールしたが、6、7着止まり。未だに何やってだか…、は勘弁願いたい。
勝ったヒルノマレットはカメハメハ産駒。ナムラコクオーの一族で兼用馬かもしれない。2着ウインソワレは、この中で一番出世してもおかしくないいい末脚を持っている。

福島1200Mはハナモモが勝利。夏の専門家の可能性も。ホワイトマズル牝馬は先週も中京1200で新馬勝ちしている。気持ちが結果に表れるタイプ。
札幌では初の新馬戦。独特の1500Mを人気の牝馬2頭がその順の通りゴールした。サブジェクトの妹は父ロブロイ替わりで自在性と器用さが勝敗の鍵を握り、エクセラントカーヴの全妹は体つきそっくりでまだこれからの印象。

7/27日曜
中京は直前に雨。芝1400戦は稍重。激しい消耗戦を制したロンバルディアは、完全ヨーロピアンの短距離タイプか。マンハッタンとマズルの仔は気負い方なども含め、傾向が似ている。
夏が合うオカノブルー系出身のマイネルシュバリエが、1800Mを逃げ切って人気に応えた。バトルプランの日本初年度産駒。ミスプロの同系配合馬で父はエンパイアメーカー。シュバリエの母ポリーヌもマルゼンスキーの強いクロスを持ち、実に興味深い存在だ。

札幌では雨の止み間に2鞍。芝1800は内をついた2頭の決着。シンコウラブリイの孫ジャズファンクはハービンジャー産駒だが、一族共通して気難しいマイラーなので短縮がいいはずだ。2着ウォーターラボも同型か。
トウカイバレットはダート1700(稍)で勝利。500kg超えで本格化か。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧2014   コメント:0

この記事に関連する記事一覧