予想、回顧、コラム

血統を語る、競馬予想ブログ「ぶらっと競馬場まで」

2歳戦総括 牝馬編

読了までの目安時間:約 2分

 

阪神JFは、真実のみが眼前に広がる結果となった。
休み明けは問題ではなく、現時点での底力=ポテンシャルという等式がレース傾向に沿った形で今年も踏襲されたから、負け組は今回に関しては完敗の構図。
各場2歳Sの勝ち馬が中心。アルテミスSの優勝馬も参戦し、積極策とは言えない朝日杯参戦を決めたファンタジーSの勝ち馬もいたが、それらは共通して各2歳Sの好走馬だった。
無敗馬3頭が、当たり前のように負けていない強みをフルに活かして、きりもみ状態の同タイム入線。
最近はプレクラシック的意味合いが強かったが、今年は単体のGⅠ戦としても大きな意味がありそうで、貴重な一戦とも言える。

敢えて物申すならば、これからはもっときついということ。
まだライバルは増える。それが、今回の負け組の一度負かしたはずの相手になるかもしれないから怖い。
それはフルゲートの大激戦が、ハイレベルの一戦だと誰の目にも明らかだったからだ。
一度でも大きなアクシデントが起きると、本番の人気に多大なる影響を及ぼす。
だから、まだ一つの結果が出ただけだとも言い切れるのだ。
ダイヤの原石がどこに埋まっているかわからない。楽しいと言えば楽しい。

非オープン勝ちの馬では、
・サングレアル
・リアルヴィーナス
・ワイレアワヒネ
らが面白いか。
勢力図を見ると、言わずもがなJF組が世代の中心。
ハープスターに勝てる方法を、レッドリヴェールが見つけたという印象。
それは、夏の印象から大きく変化しなかったことを意味する。

JF6着以下の組では、レーヴデトワール、グランシェリーらの成長に期待。
クラシックシーズンが実に待ち遠しい。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧2013 競馬&予想コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧