クリノジュロウジン、マーブルカテドラル、マイネグラティア、ピオネロ

血統を語る、競馬予想ブログ「ぶらっと競馬場まで」

新馬回顧 6/21・22

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜日
ユタカマークの展開も、馬場適性の方が重要だった阪神戦。人気薄激走のクリノジュロウジンはギムレット産駒。1200どうこうより時計を要する馬場が合いそうな牝系の血統構成。混戦で台頭の色合いが強く、負け組ももっとパワーアップできないときつい。

東京も人気のレヴアップスピンが逃げる展開。6月にハイペースはあり得ない。ただ、馬体重以上に小さく見える体つきはあまりに幼く、残念ながら非力さの方が見立っていた。それにわずか2kg及ばないヘルスウォールの仔マーブルカテドラルの末が素晴らしかったから、また切ない。パンパンの方がよさそう。でもまだ梅雨時だし、今週もやってきたマツリダゴッホ産駒ともども、上位3頭はマークが必要だ。

日曜日
東は、クラシックではあまり見かけない、ブロードブラッシュ×マジェスティックライトという配合の母を持つマイネグラティアが豪脚一閃。ゴールドティアラが母である人気のドリームティアラの万全の抜け出しを見事に捉えきった。全体の時計も上がりも掛かっていて、どうもダートの匂いが…。季節が変わって、どこまで芝でやれるか?

西は注目の一戦。こちらもネオの産駒が勝利。ピオネロの末脚は、馬場もあるだろうがここでは迫力が違った。母父キャンディストライプスで母方に南米の風が吹き込んだ地味目の配合は、ペルーサに通ずるところがある。うまく育てていきたい好素材。
レッドラヴィータは兄同様使ってから。マウンテンは大きすぎ。人気のヴァンクウィッシュは現状のベストの策。未勝利でもたもたすると出世に響く。

北は、函館2歳S以降も楽しめる馬の登場を待ちたいところだ。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧2013   コメント:0

この記事に関連する記事一覧